やりたいことを諦めない婚活①

「自分のやりたい事があるのにできてない、楽しむことをなぜか先送りしていることが悩みです…。」

「婚活を一生懸命頑張って疲れてしまい、もう婚活は休んでいます」というお客様から、ご相談の中で「自分にかけてる制限をはずす方法ってなんですか?」というご質問をいただきました。

カウンセリングの終わりには「気づけてよかった!」と大変喜んでくださいました。

制限をかけていた原因を突き止める

「いったいどんなやりたい事を先送りされてるのですか?」と私が質問したら

「猫を飼いたいんです。」というお返事でした。

私はお客様が猫を飼えない何か理由があるのかな??と色々と想像しました。

質問をしていくと、そのきっかけが何だったかすぐに分かりました。

お客様は数年前に結婚相談所で受けたアドバイスがずっと心にひっかかり、猫が飼えなくなっておられました。

その当時お客様が結婚相談員さんに「猫を飼いたいです」と何気なく打ち明けたら…
「猫はパートナーができたらにしましょう。」
「相手がみつかってから猫は飼った方がいいです!猫を飼っていたら、猫が嫌いな男性からはお見合いを断られてしまうから、せっかくのご縁が猫のせいで減ってしまいます。」とアドバイスされたそうです。

本当に猫は婚活にマイナスな存在なのか?なんだか少し疑ってもよさそうです。人それぞれ好みが違うし、猫が好きな人もいれば苦手な人もいるだけの事です。

自分が大好きなものを愛する時間を持つまえから諦めるのは残念ですね。

そして、続けてこう言われました。

「結婚をしたくて婚活を優先して、猫を飼うことを我慢してきたけれど、一緒に暮らすパートナーも手に入っていないし、好きな猫も飼えていない状態が続いてる…。」
「私は自分に制限をかけて、やりたいことを諦めている。」最近になってそう気が付いたと話されました。

それを聞いて私は「逆に大好きな猫を飼った方が、きっと良いご縁に繋がりやすいと私は思いますよ。」と即答しました。

お客様は数年前の婚活のアドバイスから「結婚相手を探すには猫を飼わない方が有利のようだ」という言葉に今もまだ引っ張られておられたのです。

「猫を飼ったらお見合いの数が減る=婚活が上手くいかない」という風に信じて、自分に制限をかけてしまっていた。自分に喜びを与えること、やりたいことを先送りしていたことに、お客様ご自身が気づけてよかったです。

愛の目線、心を開く目線

なぜ自信をもって彼女に「猫を飼った方が良いご縁に繋がりやすい」と私がつたえたのか理由をもう少し詳しく説明しますね。

愛の目線、心を開く 愛の目線で説明いたします。

お客様は猫が大好きです。猫好きな人の生活に猫がいる癒しの時間、ご機嫌でいるのは想像しやすいですね。

猫ちゃんのお世話をする事は毎日必要になります。愛する対象に対してお世話の手が抜けません、誰かを愛する時間が確保されます。

猫ちゃん=愛する者に対して心をむけること。
誰かに愛を注ぐ時間は、自分の中にある愛を使う時間。自分の中にある愛を確認する作業でもあります。

“自分の中には愛情が在る”と自覚できる時間とも言い換えれます。
そして、ネガティブに心が奪われる我慢の時間が減ることでもあります。

自分の好きなものに接して楽しく生きる時間をちょっとでも積み重ねるほうが人の心は輝きますね。

婚活でもなんでもそうですが、自分の心が充実してる人、楽しんで輝いてる魅力的な人は人を惹きつけます。モテますね。

日常で愛に触れたり、愛に目を向けて生活している人は何かを愛そうとして意識していて心がクローズではなくて愛を与える状態です。愛する側に積極的な状態と表現できます。
もちろん猫だけなく人もどんどん愛していけばいいのですが、一人暮らしの彼女は大好きな猫を飼った方が日常でもっと愛に心が開きやすくなるのです。愛することに心が慣れてる方が婚活やパートナーシップでは上手くいきます。

だから猫を飼った方が良いご縁に繋がりやすいと私はお伝えしました。

婚活の目線

また婚活として見てみると、彼女は婚活で、猫が好きなことも話題にしずらくなっていたそうです。

「好きなものは猫です。猫が飼いたいです。」というとっても素直な気持ち。シンプルなことを話題にできないで自分に禁止してしまったら、なんだか自分が自分の心に偽っている感じになります。

それだけ婚活では疲れを感じやすかったかとご想像します。

もしも猫が嫌いない男性とお見合いが進んでいたら猫をあきらめるのか…お相手をやめるのか…と迷いが増えそうですね。

「猫を飼っているので一緒に猫好きな方と出会えると嬉しいです。」
「猫カフェとかでデートしてみたいです!」

などと素直に自己PRしていたら、お相手には彼女がどんなタイプか想像しやすいです。

この彼女を気に入った男性の場合は彼女を楽しませるのはどうしたらいいか悩まなくてもいいですね。
「好きなものは猫です。猫を飼っています。」と自分の心に素直になってお話しできると、自分に嘘はついてないので「猫好き」として理解してもらったら会話も弾むでしょうね。

分かりやすい人っていうのは何かを隠してない、その人をどんな人なのか?疑うエネルギーを使わなくて済むので一緒にいる人は安心感を感じやすいです。

自分の中のごまかしというか、本音を隠すような偽りを止めるのは勇気が必要かもしれませんが、お見合いの数が減ったとしても本命に出会う確率はあがりやすいかと思います。

だ か ら 

「猫を飼っていいんです。」
「むしろ猫を飼った方が婚活が上手くいくと思いますよ。」とお伝えいました。

お客様はこれらの説明から「本当ですね!わたし猫飼っていいですね!」と明るくおっしゃっていました。心の制限が少しとれたようでホッとしました。気づけたことは大きな一歩です。

この制限のお話は「ジャニーズの制限?」の続きが在りますのでまた次回をお楽しみにしてくださいね。 美吉風香のカウンセリング受けたい方はご予約をお待ちしております。

この記事は、アメブロの「恋と仕事の心理学」に掲載しました。毎週土曜日にカウンセラーが交代で記事をアップしております。

カウンセリングの予約方法

カウンセリングサービス所属 心理カウンセラー
美吉 風香(みよし ふうか)

予約センターの連絡先

06-6190-5131

受付時間/12:00~20:30
月曜定休(祝日は翌日代休)、他
※休業日の詳細はこちら

スケジュールを見る